Home   プログラム

プログラム

ナーサリーに通う全ての園児が各年齢期において、楽しく、いろいろなことに興味を持って挑戦し、様々な経験をしてもらえるように工夫を凝らしたプログラムが立ててあります。


日課

あいさつ
しっかりとしたけじめをつけるため、朝、食前食後、就寝前後、帰りなどのあいさつは欠かせません。歌や手遊び歌などで、あいさつを楽しく学びます。

図画工作:
廃物利用や様々な材料を使って、作品を作り上げます。
組によって、また園児の個性を配慮しながら、切る・貼る・描く・塗る・折る・組み合わせるなど、手先を使ってそれぞれの能力を伸ばしていきます。

運動:
ボール遊びや、走ったり跳んだり、体を動かすゲームなどを通じて、運動能力とバランス感覚を養います。

音楽:
季節や行事を考慮して、それぞれの年齢に合った日本語の歌を歌います。時には楽器演奏も体験していきます。

給食:
食べ物の大切さ、食事の仕方やマナー、栄養のバランスなどを、皆で楽しく食事する中で学びます。

午睡:
昼までフルに活動した心身を休ませ、午後からの活力を蓄えます。


教材・玩具

玩具遊び:
身の回りの玩具を使用して、ごっこ遊びや集団遊びをする中で、想像力や集団性を培います。

日本語学習
かるた、ことわざ、数、ひらがな・カタカナ(もも組では動物や果物、色)のフラッシュカードなどを使用したり、サークルタイムではカレンダーや天気、その週のプログラムに沿った話題について話し合い、日本語を身近に感じながら、楽しく興味を持って学んでいきます。

プリスクールクラス(2歳半)からはくもんの教材などを使用して、線や丸を書く運筆練習、日本語読み書きの学習を行います。

本・紙芝居:
それぞれの年齢に合った内容のものを用意し、毎日読み聞かせを行います。また、年齢とプログラムに適した楽しい教材/音楽CDも適宜使用します。

 

特別プログラム

年に数回、課外プログラムとして、スクールバスで遠足に出かけます。農場訪問で動物や自然に親しんだり、公園でピクニックしたりなど、元気いっぱい楽しみます。